女性専用合宿に参加できない場合

女性専用の合宿免許が行われるようになったのはここ最近のことであり、すべての教習所が行なっているプランではありません。そのため、参加したい地域には女性専用プランが設けられていなかったり、参加可能期間の女性専用プランは予約が埋まっていて参加できなかったりすることもあります。そのような時には、女性専用プランではなくてもそれに近い状態で参加できる合宿免許を選ぶことがおすすめです。

参考:全国の教習所情報が満載!|合宿免許ハンターで激安・格安プランを予約!

例えば、最近の合宿免許は宿泊施設もこだわっており最新設備が導入されたホテルのような施設もあります。このような新しい施設の場合にはWi-Fiが完備されていたり、個室を選ぶことができたりするので女性一人で参加してもセキュリティー的の面でも一人の時間を充実させる面でも不安が解消できます。また、地域によっては駅近隣のビジネスホテルを宿泊施設としているところもあり、セキュリティ面やちょっとした買い物や時間つぶしにも困らないような場所も増えています。

また、女子旅とはっきり銘打った観光プランがなくても、それに近い観光プランが設けらえている施設もあります。特に温泉地の合宿であれば2週間近く毎日温泉に入れるので体の不調が解消できたり肌が美しくなったりするメリットもあります。一人でなくても友人とならば参加しやすい合宿免許もありますから、女性専用が無理だったからと合宿を諦めず、いくつか他の合宿免許も検討してみましょう。

女性専用の合宿免許

昔は合宿免許といえば男性が参加するものというイメージが強くありました。いくらリーズナブルに教習が受けられるとしても、あまり綺麗ではない宿泊施設の大部屋で雑魚寝のようなイメージが強くあったため、女性は衛生面やセキュリティ面での不安から敬遠しがちでした。しかし、最近ではこのようなイメージを払拭すべく、教習中の宿泊施設も新しく設備が整ったところも増えていますし、大部屋ではない宿泊施設も増えています。

中でも女性一人でも参加できることを特徴としている教習所も増えています。女性専用の合宿免許プランを提示している教習所では、女性が友人同士で仲良く参加できるようなプランが多く設けられています。教習に参加する人たちも女性だけですから打ち解けやすいですし、男性とのトラブルの不安もありません。また、最近では女性参加を促進するために、合宿中のイベントとして女子会を設けている教習所もあります。他にも、合宿免許の特徴としてある観光についても女性が喜ぶような温泉や豪華なランチの日帰り旅行プランが設けられていたりと女性が楽しめるようなプランが用意されています。宿泊施設も女性だけですから、気兼ねなく過ごしやすい観光が整っているといえます。

合宿免許のメリット

合宿免許はメリットが高いということで注目を集めています。免許を取得するには通学型と合宿型とがあり、どちらにもメリットがあります。通学型は、自宅の近くの教習所に通うことができるので日常生活の中でスケジューリングをしながら通います。入校すれば半年以内に卒業すればどのようなスケジュールでも良いので、学生がアルバイトと学業を両立させながら通ったり、主婦が子育てや家事の合間に都合をつけて通ったりということをすることができます。また、普段の生活圏内を教習で運転することができるので、実践的な技能を身につけることもできます。

それに対して、合宿型の免許は2週間ほどのスケジュールを確保しなければならないものの、短期間で集中して免許取得をすることができるので、知識も技能も身につけやすいです。また、合宿費用も通学型よりもリーズナブルであり、なおかつ郊外で教習を受けることで旅行気分を味わいながら教習に参加することもできます。

このようにメリットが多くあっても、女性が一人で合宿免許に参加するというのはとても怖いものです。一人であるために、皆と仲良くできるのかも不安ですし、女性ゆえにさまざまなトラブルへの心配もあるものです。しかし、最近では女性が安心して参加できるようにと配慮がされている合宿免許も増えています。そこで、ここでは女性専用の合宿免許について、そして、もしも希望する教習所や期間に女性専用の合宿がなかっときの対処法についても紹介をしていきます。